浄水器の選び方のポイント

水道のお水はそのまま飲んでも問題はないと言いますが、しかし残留塩素の問題やサビ、また発がん性物質が含まれていることもあるという話も耳にします。

そうなると、やはり不安なものです。ただ幸いことに、これらの有害な不純物は浄水器によって取り除くことができます。そのためもし水道水を直接飲むのが不安ならば、浄水器を購入することをおすすめします。綺麗で安心の水を飲むことができるようになります。ところで、いざ浄水器を買おうと思ったら、色々な種類のものが販売されているのでどれを選んだら良いのかわからなかったという方も多いのではないでしょうか。

浄水器の選び方の基本は、まずいくつかのタイプがあることを理解することです。たとえば、蛇口に直接取り付けるタイプもあれば、ポット型タイプもあります。さらに据え置きタイプや給水管に直接取り付けるタイプもあり、それぞれ性能や使いやすさ、価格などが違いますので、よく比較検討する必要があるでしょう。そこで次の選び方のポイントとして、使いやすさを優先するのか、価格を優先するのか、それとも浄水能力を優先するのかを決めます。

使いやすさと価格の安さで選ぶなら、ポット型がおすすめです。ポットの中にフィルターが設置されているので、中に水道水を入れると、綺麗な水が下にたまる仕組みになっています。蛇口に取り付けるタイプは、取り付けに少々手間取るかもしれませんが、一度取り付ければあとはフィルターを定期的に交換するだけなので簡単です。

据え置きタイプはシンクの場所を取ってしまうことや、価格が高いというデメリットがありますが、浄水能力は一番高いです。このように浄水器の選び方では、それぞれのタイプの特徴を知ることから始めると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *