選び方をしっかりと学んで浄水器を買う

家にある水道ですが、ここから出てくる水は完璧に綺麗に浄水されているわけではありません。

田舎の方は綺麗な水が出る所もありますが、ほとんどは有害物質が残っている状態で出てきます。洗い物やトイレで使うくらいでしたら構いませんが、洗濯や料理、飲み水で使うとなると気になってしまうのです。浄水器を使うと、その悩みがなくなります。これを使うと、水道水に含まれている鉛やカビなどの有害物質を取り除く事が出来るのです。どのくらい取り除けるかは浄水器の質によって変わりますが、少なくとも取り付けないよりはいいので、付けておくだけで気分も楽になります。

不安でしたら、きちんとした商品を調べて選ぶ必要があるのです。浄水器の選び方をしっかりと学んでおけば、性能が少ない商品を買ってしまう事を減らせます。選び方についてですが、設置方式は据え置きタイプかアンダーシンクタイプがおすすめです。なぜかと言うと、この2つはそれなりの浄水性能を持っているからです。蛇口直結型は安いので、こちらについつい手が出てしまいがちですが、カートリッジの寿命が短く、しかも浄水性能が据え置きタイプなどよりも高くありません。

なので、この2つがおすすめだと言えるのです。注意点は、据え置きタイプは結構場所を取ってしまうので、シンクの作業台が狭い人には向いていません。そのような場合は、アンダーシンクタイプが良いでしょう。こちらはシンクの下にある配水管に取り付けるので、場所を取りません。浄水器は選び方を知っておくと、よりよい買い物が出来るようになります。適当に買ってしまうと、取り付けてもあまり有害物質が取り除けない状況になってしまうかもしれませんので、きちんと選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *