どんなタイプがあるの?浄水器の選び方

浄水器とは、浄水場から水道管を通って各家庭や施設などに供給された水道水を、ろ過する機器のことを言います。

水道水は、水道法によって定められた厳しい基準をクリアしている為、基本的には人体に影響がなく安全です。しかし、水道管やマンションの貯水タンクなどが劣化することで、綺麗であった水道水が汚染されてしまう危険性が考えられます。このような危険性を取り除いてくれるのが浄水器です。浄水器を使用することで、有害物質や残留塩素の無い綺麗な水を飲む事ができます。

浄水器の基本的な構造は、水道水をろ過するというところで違いはほとんどありませんが、大きさや性能、設置方法などの違いはメーカーなどによって変わってきます。ここでは各家庭の用途や使用頻度、設置場所など、選び方のポイントを説明していきます。浄水器には、蛇口に直接取り付けるタイプや水道直結タイプ、ポット型のタイプなどがあります。蛇口に取り付けるタイプやポット型であれば、ホームセンターなどで購入が可能なので、気軽に始める事ができるでしょう。水道直結の場合は工事が必要になるので、浄水機器を設置するスペースの確保やシンクに穴を開けなければなりません。

費用も高額になるので、十分に比較検討する必要があります。最近では、ウォーターサーバーのような形状で、内蔵されているポットに水道水を入れて浄水する機器も販売されるようになりました。種類によっては冷水や温水、高温水なども使えるので、料理や調乳などにとても便利です。

たくさんの種類やメーカーがあるので、選び方が難しく迷ってしまいますよね。選び方のポイントとしては、まずどのようなタイプの機器があり、他社との性能の違いなどを理解し比較する事です。また設置できるスペースを確保できるのか、頻繁に使用しないのであれば簡易的なものから始めるなどして、ライフスタイルに合ったものを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *